20180215 自宅の花状況です

 ブログ友のみなさん!昨日は暖かかったですが、北陸・中国・九州北部で春一番が吹いたそうですよφ(..)メモメモ。  20180214自宅の花状況です。ヾ(^-^)

続きを読む

桔梗の森でオオバンと遊ぶ

 今年はシラスウナギの不漁で、土用丑の鰻のかば焼きの高騰が予想される事はご存知と思いますが、黒潮の蛇行や海水温の変化が原因かも知れません。生態が全く不明で、最近まで海のどの辺りで産卵するかも分かりませんでした。人間の営みで、自然破壊を起こさない生活スタイルがこれからは望まれます。  今夜の投稿は桔梗の森の健康散歩で遊んだ「オオバン」の写真です。「仲よきことは、美しきかな。」と、野鳥に教えられる…

続きを読む

皆既月食

 みなさん!昨日は3年ぶりの皆既月食でしたねヾ(^-^) 太陽と地球と月が一直線に並ぶ現象で、月が地球の陰に隠れて欠けて行きます。8:45に始まり9:51に完全に隠れました。太陽の光で月が赤く染まって観えて、とても幻想的でした。

続きを読む

散歩で”ヤマセミ”がご挨拶です。

秘密の散歩スポットに、カメラを提げて出掛けました。野鳥の鳴き声を聞きながら公園を散歩すると、社会生活で傷付いた心が癒やされてストレスを解消できます。(笑い)何気なく目を向けた先に、”ヤマセミ”が羽を休めていました。                                 ヤマセミ 私が見ているのに気が付いて、反射的に飛び去ります。とても警戒心が強い野鳥…

続きを読む

寒波で野鳥が、庭に餌を求めて来ています。

「地球温暖化による寒波?」と云うと可笑しいようですが、偏西風が蛇行で寒波が南下しているそうです。 人家の庭に、餌を求めてやって来ています。                               ジョウビタキ♂ 人間が繁栄するためには、持続可能な「低炭素社会」の実現が必修だと考えますが、無制限にCO2を排出する経済からの脱却が程遠いように感じられる昨今の世界情勢です。 …

続きを読む

「太古の池」に”カシラダカ”が来ています。

「二上山」へ登って来ました。 昔なら走って登れた「山」も(笑)、現在の年齢では休みやすみ登ります。 先ずは「万葉の森」食堂で、登山前の腹ごしらえです。 日替わりランチ 870円 黒米のご飯(具ご飯と選択可)・味噌汁・コロッケ・小芋の煮物・インゲン豆のオシタシ・野菜サラダ・デザートゼリー・コーヒー この小さな池が、太古の池です。 雨が降ると土砂が…

続きを読む

新田の”カワラヒワ”の大群です。( 名張市新田 )

新田のひまわり畑ので、”カワラヒワ”が群れています。 ヒマワリの種は、野鳥の大好物です。 庭の改造を始めましたので、忙しくてブログの更新が遅れています。 ブロックとセメントを大量に購入して、塀を造っています。 「おい!向こうから人間が来たよ。」とカワラヒワが話しています。 「知らんぷりしていると、直ぐに通り過ぎるよ!。」と云っています。人間は経済で必死で…

続きを読む

”カルガモ”も少子高齢化?( 名張市中村 )

田圃の畦道に”カルガモ”が居ます。 背伸びして、頻りに周囲を警戒しています。 自宅の前庭の「ヘメロカリス」が、どんどん咲いています。 一日花なので、花柄の掃除に大忙しです。 高台からズームで撮ると、子鴨が6羽居るようです。(分かりますか?) 外敵が近づくと田圃の中に逃げ込めるので、安心しての~んびりと過ごしています。 夏菊がこの雨で、たくさん咲きだ…

続きを読む

”ナマズ”が現れました。( 名張市桔梗が丘10号公園 )

連日の雨で、野鳥がお休みになってしまいました。(笑) 迷信だと思いますが、地震が近いのか”ナマズ”が騒いでいます。 少年時代に見た”ナマズ”は、頭がもっと大きいような記憶があります。 いつものように我が家の「ツツジ」と合わせて紹介します。 北の庭には花弁の一部に白い譜が入った、面白い「ツツジ」が咲いています。 いつもは池の底にいる「ナマズ」が、ふらふら泳いで…

続きを読む

丈六谷池で、”エナガ”を撮る( 名張市桔梗が丘10号公園 )

今日の公園は清掃のため、富士講田池周辺は野鳥が逃げているようです。 仕方なく丈六谷池に、散歩の足が向きました。 エナガを追いかけて、丈六谷池へ向かいます。 途中で富士講田池の睡蓮を撮りました。 奥の蕾が咲くと、こんな綺麗な花になります。 枯れ木の上で、待ち合わせをしていたようです。 鳴き声や態度で、雄と雌だとおもいます。 野草に七星テントウム…

続きを読む

小波多川の「燕」と遊ぶ。( 名張市中村付近 )

小波多川の散歩で、「イワツバメ」と逢いました。 人工建築物に営巣するとは聞いていましたが、ここは風も通るしあまり良い環境とは云えません。 気温が上がって、小花の「ペチュニア」が咲きだしました。 特大の植木鉢に4株植えてあります。 「イワツバメ」が急降下して、巣に出入りします。 巣の形から見て、「イワツバメ」に間違い無いようです。 「ムスカリ…

続きを読む

小波多川で川風に吹かれて・・・(名張市新田)

散歩するとこの辺りの小波多川は、護岸の石が草で覆われて川に土砂も堆積して、植物が茂っています。 今は川風が吹くと草がなびいて、気持ちがとてもいい季節です。 鉢植えの「カルセオラリア」が次々と花を咲かせます。 花がまとまって、大きな花のように見えます。 雑草の枯れ枝に「アオジ」が飛来します。 川の護岸は、「アオジ」の棲みかになっているようです。 …

続きを読む

「雀」がちょこちょこかくれんぼしています。( 名張市美旗付近 )

人間にいちばん馴染み深い野鳥と云えば、昔からお伽話に出て来る「雀」だと思います。             雀がね、お庭でちょこちょこかくれんぼ・・・ 「小さな木」に隠れて此方を見ています。                  どんなに上手に隠れても、茶色い帽子が見えてるよ。 「雀」を見ていると心が和みますね、いつも人間に寄り添って生きている野鳥だからかも知れません。…

続きを読む

住宅街の”セグロセキレイ”を撮る。( 名張市美旗中2 )

此の川は住宅団地が出来る以前からの地形のようです。 川の水位が上がってオーバーフローすると、、調整池に水が取り入れられるようになっています。 橋の上から、”セグロ”ちゃんをカメラで狙います。               ”セグロ”ちゃんは、ペコペコしている姿をよく見ます。 昨年の「ベゴニア」の、枯葉を取り除いて姿を整えました。                …

続きを読む

小波多川の”クサシギ”が、どんどん逃げます。( 名張市美旗周辺 )

小波多川の中を、”クサシギ”が散歩に合わせてどんどん逃げます。         川から進路を外そうとはしません、水辺の野鳥ですから・・・ 玄関前を駐車場にしてからは、毎朝植木鉢を日差しに出すのが日課になりました。 庭が狭くなって植木鉢が増えました、地植えだと楽なのだけどね~ぇ。(笑)従来は息子用に駐車場を借りていましたが、雨の日は駐車場まで濡れるので大変でした。帰宅した…

続きを読む

”コガモ”の水浴び( 名張市中村付近 )

今日は午後から日差しが出たので、「小波多川」へ散歩に出かけました。                         ”コガモ”の水浴び 室内に取り込んだ「ゼラニューム」を日光浴をさせました。 水浴びを済ませて、気持ち良さそうに泳いでいます。 庭の「フクジュソウ」が、頭を下げてお客を迎えています。 口から水鉄砲のように、水を飛ばして遊んでい…

続きを読む

「コガモ」の飛翔撮影に挑戦。( 名張市美旗中3付近 )

散歩中に「コガモ」と遭遇すると、カメラの練習の被写体に最適です。          遥か上空から「コガモ」の一団が、前方に舞い降ります。 人間は春を花の開花で感じ、寒くても桜が咲けば春と云う具合です。          散歩に出る時は蕾でしたが、帰宅時には咲いていました。(春!) 飛び交う「コガモ」を、カメラで追いかけます。               …

続きを読む

地球温暖化に思うこと・・・

地球温暖化について思うこと。 学会では色々諸説があって、「氷河期に向かう地球には、温暖化はむしろ歓迎する。」と云う学者が居ます。 確かに長い目で見れば地球は氷河期に向かっていますが、それは何万年単位のことで農作物は毎年1年単位の「種まき~収穫」を繰り返しています。 何万年単位では大したことの無い変化でも、我々の生活には重大な影響を及ぼします。 仮に温暖化期間が2000年間続いたとすると、…

続きを読む

「津」に向かう道中で、”カイツブリ”に逢いました。

「三重県気候講演会」に、講演を聞きに行って来ました。 地球温暖化について詳しい現状の説明を聞きましたが、深刻な事態が起っている自覚を民衆が理解していないのが問題のように思いました。 青谷バス停付近の池に”カイツブリ”が居ました。                            湖面を泳ぐカイツブリです。 名張市の「赤目」は、秋の味覚の松茸の産地として有名…

続きを読む

林道で”シジュウカラ”の囀りを聞く。( 名張市桔梗が丘10号公園 )

「ツツピー・ツツピー」と、林から囀りが聞こえて来ます。 少し風はありますが、最近は天気が良いし上機嫌です。 消費税さえ上がらなければ云うこと無しなのですが、政府は節約しないでお金を要求する子供のようですね。 野鳥の囀りではなく、私の独り言が出てしまいます。 GIF画像です。                 …

続きを読む

花と蝶 ( 名張市東田原 )

今日は「秋分の日」です、お彼岸にはご先祖様を思い出します。 お墓参りも御無沙汰でしたので、近日中に行きたいと思います。                        彼岸花にすり寄る”アゲハ蝶” 散歩道を歩きながら、「アゲハ蝶」を撮ります。                               散歩路 翅がボケボケになっちゃいます。(笑) …

続きを読む

今日の”シジュウカラ”は、お高くとまる。( 名張市・桔梗が丘10号公園 )

偉そうに人を見下す事を、「お高くとまる」と云います。 「語源は野鳥から来ているのだろうか?」、そんな事を考えながら”シジュウカラ”と遊びます。                         高い木に蝉のようにとまります 「ッピー・ツツピー」と囀ります、「ミ~ン・ミーン」ではありません。(笑)                       この位置では、お腹しか撮れ…

続きを読む

谷の”オシドリ” ( 青蓮寺ダム周辺 )

以前に地元の人に聞いていた”オシドリ”を探しに行きました。 しかし、生息場所が私のレンズに合わない深い谷のため、小さい写真になりました。                      手持ちの300㎜で道路から写真撮影  野生の”オシドリ”は警戒心が強く、谷に降りる場所を探す間も無く飛び立ちました。 約十数羽の群れでしたが、この谷がお気に入りのようで上流へ飛んで行きました…

続きを読む

近つ飛鳥に銭貨埋蔵の発掘品展示

昔も今もへそくり?でもこれは大金・・・多分大金だと思います。                       中世の東大阪市・花屋敷跡から出土  「ちりも積もれば山となる。」、昔の人の心が感じられます。 紙幣なんて無い時代のことですから、15,000枚は大金だと思います。 家主が庭に埋めた姿を、野鳥が観ていたかも知れませんね。 近つ飛鳥の森にも”キクイタダキ…

続きを読む

新年のご挨拶

                                    比奈知ダム  皆様には幸多き新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。                                        平成25年   元旦 今年最初のブログは、寒さで膨らむ”セキレイ”です。                          北風が吹いてきまし…

続きを読む

年末のご挨拶

今年も、つたないブログにお付き合いくださって、ありがとうございました。m(__)m むかしむかしインドネシア旅行で撮った野鳥の写真をご覧頂いて締めくくります。                    興味のある方はアルバムをご覧下さい。 旅行中に撮った写真で、現地では珍しい物では無いと思います。 分かるのは「鳩」くらいで、…

続きを読む

消えた ”ツグミ”

毎年冬になると、北の国から渡って来る”ツグミ”です。 公園の隣にある空き地には、毎年”ツグミ”がやって来る。 枯れ草の保護色で隠れているが、此処がかれのお気に入りの場所です。 ある日の朝突然に姿を消した、寒波のせいでもっと南へ行ったのか? それとも外敵に喰われてしまったのだろうか? 姿を消したのが、此の”ツグミ”だとどうし…

続きを読む

クリスマスイブの寒波です

庭の池の石が真っ白になった、そして氷の中にモミジの葉が冷凍されました。 前庭に簡単なクリスマス飾り、気付く通行人がいるかな? 簡単なクリスマスツリーが2本、ゴールドクレストを利用しての対応です。(笑) 種から育てた葉ボタンが、寒さに負けずにだいぶ育っています。 パンジーの下に植えたフリージアも、芽を出して育っています。 …

続きを読む

枯れ野に”百舌鳥”

冬枯れの野にバンガロウが、静かに佇んでいます。 百舌鳥が現れると、スズメが姿を消します。 枯れ野で存在感のある野鳥です。 キイ、キイと高鳴きをすると、辺りの空気が引き締まります。 野に降りて昆虫を採餌しています。 他の野鳥の鳴き真似をして、人間で云うと江戸家猫八顔負けです。 見晴らしの良い木にとまって…

続きを読む

野鳥も寒い・( 比奈知ダム周辺 )

晩秋の寒気が流れ込んで、真冬を思わせる朝晩の冷え込みです。比奈知ダムに射す夕日がコンクリ―トを暖めて、束の間の安らぎを演出しています。 温かいコンクリートの堤に、”シジュウカラ”が並んで暖をとっています。電線の”スズメ”よりもコンクリートの方が、蓄熱が大きいのでさぞかし心地が良いことと思います。 ダム湖には鴨が帰ってきました、春まで此処で暮らすことと思います。…

続きを読む